アフターピルを常備しておこう!

アフターピルの写真

アフターピルの存在をご存じですか?避妊に失敗した時に使えるピルとなっていますので、不安な方はバックなどに常備しておくと便利だと思います。アフターピルは病院に行かなくてもネットで簡単に購入できます。

もしも避妊しに失敗した時は直ぐにアフターピル服用

多くの場合、避妊のためにコンドームを使用していると思います。ですが、時には失敗してしまうこともあります。コンドームが挿入中に膣内で脱落してしまった、コンドームが挿入中に破れてしまった、コンドームを着けてもらうつもりが気がついたらすでに挿入されていた、射精後に抜く際コンドームが外れて精液が膣内に漏れてしまったというようなことは十分にありえます。妊娠してもかまわないのであれば、何も気にすることはありません。ですが、妊娠しては困るのであれば何らかの対応をしなければなりません。そういった緊急事態に服用するのがアフターピルです。アフターピルは、中用量ピル或いはモーニングアフターピルなどとも言われる経口避妊薬です。ピルにはほとんど毎日服用し続ける低用量ピルとここで扱う中用量ピル(アフターピル)の2種類があります。低用量ピルが日常的な避妊の方法であるのに対して、アフターピルは緊急時の事故対応のようなものです。避妊失敗後24時間以内にアフターピルを服用すれば、90パーセント以上の確率で避妊でき望まない妊娠を防ぐことができます。なお、アフターピルは産婦人科で処方されます。そのため、妊娠の恐れのある出来事の発生後できるだけ早く産婦人科を受診し、処方してもらってください。また、アフターピルは医師の処方箋が必要なものですが、ネット上で海外からの個人輸入が可能です。ですから、不慮の事故に備えて手元に置いておくことも可能です。ですが、中用量ピルは低用量ピルよりも薬としては強いものです。したがって、副作用も低用量ピルに比べて強いものです。そのため、一度は医師に診察してもらい服用可能か否かを知っておく必要があります。

アフターピル服用後に出血する理由

アフターピルを飲んだ後に出血が起こることがあります。これを消退出血と呼んでおり、消退出血があれば妊娠していないと判断することができます。消退出血が起こる日数は人によって違い、一般的にアフターピルを服用してから3日~3週間以内に起こります。アフターピルは服用することで妊娠する可能性を低下させることができ、避妊に失敗してから72時間以内に服用する必要があります。アフターピルに配合されているのは女性ホルモンのプロゲストロンと同じ作用を持つ物質です。プロゲストロンは子宮に受精卵が着床できる状態にする働きがあるので、アフターピルを飲むと子宮は「プロゲストロンが分泌されている」と判断します。しかし時間が経過するとアフターピルに配合されていたプロゲストロンと同じ作用を持つ物質が体外へ排出されてしまうため、子宮はプロゲストロンが減少した状態になります。今ある子宮内膜は「妊娠が成立しなかったから不要になった」と身体が判断して剥がしてしまいます。これが生理の起こる仕組みなのですが、これを同じことをアフターピルは人工的に引き起こしているのです。これが消退出血の正体です。この効果は受精卵が着床してしまった後では意味がないので、避妊に失敗してから72時間以内、できればもっと早く飲むことが重要なポイントとなります。子宮内膜が剥がれてしまえば受精卵が出来ていたとしても着床することができないので妊娠を防ぐことができるので、消退出血があれば妊娠していない、と判断することがでます。万が一アフターピルを服用してから3週間ほど経過しても消退出血が起きない場合には妊娠してしまっている可能性があります。病院に行って検査を行ってみるようにしましょう。

アフターピルをネットで購入する方法

避妊に失敗してしまったけど今は絶対に妊娠したくないという時に飲むことで妊娠する可能性を低下することができるアフターピルは、日本国内ではドラッグストアなどでは購入することができません。病院で処方してもらわなければいけませんがすべての病院で処方してもらえるとは限りません。電話などで確認してから処方してもらいましょう。また、健康保険が利用できないため全額自費負担となり、1回分の処方で10000円~15000円に費用が掛かってしまいます。アフターピルの効果は避妊に失敗してから72時間と言われていますが時間が経過するごとに妊娠してしまう確率は上昇してしまいます。避妊に失敗した時すぐ飲めるように持っておきたい、もっと安く購入したいという時にはネットで購入することができます。日本語のサイトで日本円で購入できますが、ネットでの購入は海外からの輸入という形になります。日本では自分で使用する分に限っては海外から医薬品を個人輸入することが認められています。その方法を利用して、海外で一般的に販売されているアフターピルを購入して準備しておくことができます。購入方法は簡単で、ネットで個人輸入代行を行っているサイトで通常のネット通販のように購入するだけです。支払い方法も銀行振り込みやクレジットカードが利用できるので自宅で簡単に購入まで行うことができます。購入する時期などにもよりますが1週間~2週間ほどで配送されるので、後は到着するのを待つだけです。アフターピルを個人輸入代行サイトで購入するときの注意点としてはあまりにも安いところでの購入は偽薬の可能性がゼロとは言えないので、口コミが多いサイトを利用するようにすると良いでしょう。

■アフターピルのネット購入はこちらからどうぞ
アフターピルで自分を大切に